--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.14
Sat
 
このブログではたいへん久しぶりになります。根倉野蜜柑です。
山の上の大学に迷い込んだまま入院し、さいきん退院してきました。現在は蜜柑が小説を書き、本体が論文を書き、もう一部が翻訳を行なっています。三竦みを反復横跳びをすることによってそれぞれの苦痛から身を躱してゆく作戦です。全然うまくいってません。

今回は翻訳をしている平戸懐古がここ数年の成果をまとめたので、その告知記事です。いま最も活発なのは本体の論文だの研究発表だのの活動ですが、そこに蜜柑と懐古を結びつけるべきか否か迷っているので、そこは保留ということで。



2018年5月6日、第26回文学フリマ東京、懐古文庫【ア-19】ブースにて、平戸懐古はゴシック小説の始祖ホレス・ウォルポール(Horace Walpole, 1717-1797)の掌篇集『象形文字譚集』(Hieroglyphic Tales, 1785)を発行します。Webカタログはこちら。
表紙はこんな感じになります。本邦初訳の全訳、お手頃な文庫サイズです。

hwhtcoverobimini.jpg

【帯表面】
怪奇小説、SF小説、探偵小説……その前身ゴシック・ロマンスの生みの親による
奇想/シュルレアル/衒学/ナンセンス/パロディ/艶笑/メタフィクション/掌篇集

【帯裏面】
『象形文字譚集』は疑う余地なく、世界の創造の少し前に書かれたものであり、それ以来まだ発見されていない無人島クランプクラギッリの山中で、口承によって保存されてきたものである。――本書「序文」より

〈本書に登場する固有名詞〉
ヘルメス・トリスメギストス/マホメット/ホメロス/『イリアス』/ハンニバル/ダヴィデ/ヨナタン/『詩篇』/レオニダス/イグナチウス・ロヨラ/ソロモン/シェバの女王/『雅歌』/バベルの塔/ミレジアス/アン女王/グロティウス/孔子/ジョセフ・バンクス/ダニエル・ソランダー/レアンドロス/ユピテル/セレンディップ/アブラハム/ハガル/サラ/イシュマエル etc...

【内容紹介】
話の下手なシェヘラザードが不眠症のシャフリヤールに臨む「新説・アラビア夜話」。生まれていない姫君と死んでいる王子の邂逅しない「王とその三人の娘」。ソロモンとシェバの女王が痴話喧嘩する雅歌の誕生秘話「サイコロ箱」……。『オトラントの城』によってゴシック・ロマンスを創出したホレス・ウォルポールが、別荘ストロベリー・ヒルの印刷工房にて六部だけ発行した幻の奇想掌篇集。全六篇にさらに貴重な一篇を付して収録。

【作者紹介】
ホレス・ウォルポール Horace Walpole (1717-1719)
英国の政治家、文筆家。第四代オーフォード伯爵。父親は英国の初代首相、ロバート・ウォルポール。政治パンフレットや知人への書簡を旺盛に著すが、別荘ストロベリー・ヒルに中世教会建築の意匠を凝らした改築を行ない、美術蒐集に没頭したことで知られる。中世イタリア由来の文書の翻訳と偽って匿名出版した『オトラントの城』(国書刊行会、他)が公表を博し、作者として名乗り出ると共にゴシック・ロマンスという新たなジャンルを宣言し、その大流行を引き起こした。他に邦訳された作品には、演劇「謎の母」(『ゴシック演劇集』国書刊行会)や、短篇小説「マダレーナ」(『怪奇と幻想』第2号)がある。

だいたいそういう内容です。
『オトラントの城 (The Castle of Otranto, 1764)』が夢の光景から筆を起こした作品であることは有名ですが、本書のうち数篇も即興で書かれたことが明言されており、シュールレアリズムにオリエンタリズム、ナンセンスにメタフィクションと、文学の冒険に満ちたバラエティ豊かな作品集になっています。
平戸も蜜柑もポオ以前の小説にミステリらしい仕掛けが登場するたびに狂喜乱舞する奇病にかかっていますが、本作もまた、ポオ以前のミステリと呼べる内容になっていて、このことも周知されれば嬉しいです。

数年の成果をまとめたものと書きましたが、本書は平戸がこれまでサークルれうにおんの発行する文芸雑誌「こ・めでぃうむ」に訳載してきた『象形文字譚集』収録作を一冊にまとめたものです。いずれも初訳、具体的には以下の通り。

【初出】
20151123号「新説・千夜一夜物語 (A new Arabian Night's Entertainment)」
20161123号「王とその三人の娘 (The King and his three Daughters)」
20170507号「サイコロ箱 ――おとぎ話 (The Dice-Box: A Fairy Tale)」
 同  号  「桃入りブランデー ――ミレー人の物語 (The Peach in Brandy: A Milesian Tale)」
20171123号「ミ・リ ――中華のおとぎ話 (Mi Li: A Chinese Fairy Tale)」
 同  号  「真の愛の物語 (A true Love Story)」

今回、懐古文庫と号して発行する文庫本は、以上の掌篇六話の訳を練り直し、「序文」と「あとがき」、そして本作の初版に収録されず後世の研究が手稿の形で発見した幻の七話目「鳥の巣」を訳し加えた『象形文字譚集』完全版といえるものです。「こ・めでぃうむ」収録時に「象形文字譚」と題してきた書名に「集」の一字を書き加えたのは、そのささやかな表明です。

したがって、本書の構成は以下のようになります。

【目次】
象形文字譚集
 序 文
 第一話 新説・アラビア夜話 (※初出時から改題)
 第二話 王とその三人の娘
 第三話 サイコロ箱 ――おとぎ話
 第四話 桃入りブランデー ――ミレー人の物語
 第五話 ミ・リ ――中華のおとぎ話
 第六話 真の愛の物語
 あとがき
訳者解題
鳥の巣

古典のパロディやオマージュ、大量の固有名詞、作者の知人への当てこすりなどが横溢する作品であるため、全篇に訳註を備えました。小説の翻訳には註をつけるべきではない、とする意見があるのは知っていますが、ブラウザの検索窓と向き合いながら本書を読み進める面倒臭さは読者の気を挫くことにしか繋がらないだろうと考え、このように判断しました。ご理解ください。訳者解題には本書のこと作者のこと、また本篇に註記しなかった関連情報などを書いています。どこか一ヶ所でも面白く読んでいただければ嬉しいです。

また『象形文字譚集』の発行に合わせ、第26回文学フリマ東京では、サークルれにおん【D-08】の新刊「こ・めでぃうむ」20180506号に、ホレス・ウォルポールが二十代に書いた掌篇「妖精の物語 (A Fairy Tale, 1743)」を訳出しています。やはり本邦初訳、おそらく日本語ではほとんど言及もされていません。webカタログはこちら。『象形文字譚集』と比較すると大変に面白いので、こちらも合わせてお読みいただければ幸いです。
ちなみに本誌には蜜柑もゴシック短篇「廃墟の犬」を載せています。また蜜柑は今回、エアミステリ研究会【ア-11】の新刊にも一年半ぶりに寄稿し、ミステリ短篇「クイーン陛下の統べる国」を載せています。こちらもよろしくお願いいたします。



文学フリマ東京で本邦初訳のゴシック短篇を五冊にまとめた英国ゴシック文庫の活動に憧れ、いきおいに任せて懐古文庫などというものを立ち上げてしまいましたが、今後の予定はほとんど決まっておりません。研究の合間にゆるくやっていくつもりです。
メルヴィル・D・ポーストのランドルフ・メイスン連作の未訳短篇に取り掛かっているところですが、お披露目はいつになることやら。
ウォルポールにもまだ訳してみたい作品がありますし、『象形文字譚集』翻訳の過程でバイロンの詩劇にも面白いものを見つけましたし、様々に目移りしている最中です。なにかしら怪奇幻想探偵小説に貢献できることをやってゆければと思います。
それではまたいつか、いずれかの名前でどこかしらでお会いできれば幸いです。
スポンサーサイト
11.05
Sun
 2017年11月23日(日)に開催される第25回文学フリマ東京にて、サークル「れうにおん」(twitter:@reu2on)は短篇小説中心の文芸雑誌『こ・めでぃうむ』の最新号、ver.20171123の発行を行います。

 ブースは【D-41】とのことです。webカタログはこちら

 今号の掲載作など、詳しくはサークルれうにおんの情報を掲載するこちらのブログ記事(http://reu2on.blog.fc2.com/)をご覧ください。

 サークルれうにおんはtwitterでも情報を発信しております。最新の情報はまずツイッターに載ることと思いますので、併せてご覧ください。 (みかん)
05.02
Tue
05/02:委託販売の詳細を公開
04/21:表紙と試し読みを公開
04/12:ブース番号、掲載作品を公開

 2017年5月7日(日)に開催される第24回文学フリマ東京にて、サークル「れうにおん」(twitter:@reu2on)は
 (1) 小説中心の文芸雑誌『こ・めでぃうむ』のver.20170507の発行
 (2) クリスティナ・ロセッティ『不思議なおしゃべり仲間たち』の委託販売
を行います。

 ブースは【C-40】とのことです。webカタログはこちら

 *

 まず委託販売について。
 今回、クリスティナ・ロセッティ(Christina Rossetti, 1830-1894)の『不思議なおしゃべり仲間たち』(Speaking Likenesses, 1874)という作品を、翻訳された市川純さまから委託販売させていただくことになりました。
 書影を頂戴しているので、掲載させていただきます。

 speakinglikenesses01.jpg『不思議なおしゃべり仲間たち』
 著:クリスティナ・ロセッティ
 画:アーサー・ヒューズ
 訳:市川純
 解説:井村君江
 会場価格:1300円

 本作品は元・英国ゴシック文庫の第五弾として刊行されたクリスティーナ・ロセッティ『不気味の国の少女たち』を大幅に改訳し、出版社レベルから解説を付して刊行されたものです。
 同社からは『ゴブリン・マーケット』が出版されており、ロセッティの作品としては第二弾ということになるようです。

 子供たちに語られるお話として、三人の少女の奇想天外な冒険が描かれる童話という形をとっていますが、数々の挿絵とともに入れ替わり立ち代わり現れる場面はなかなかシュールで、間違いなく怪奇幻想の愛好家を満足させる一冊でしょう。文庫版をお持ちでない方はもちろん、お持ちの方も、ぜひ読み比べてみてください。

 当サークルの平戸懐古がウォルポール『象形文字譚』の翻訳を決意するには英国ゴシック文庫さまから受けた強い影響があり、その縁でこのようにご協力させていただける機会を得られたこと、非常に嬉しく思っております。

 *

 続いて、れうにおん今回の新刊、『こ・めでぃうむ』のver.20170507 について。

【表紙】

  hyoshi16mini.png

【掲載作品】

 今号は創作短篇三作、翻訳掌編二作、漫画一作を掲載します。前号は前々号から一年のスパンがあったためブ厚くなりましたが、どうやら今回は穏健な頁数になります。
 全篇読み切りですので、眼をひいた作品があれば、お手にとっていただけると幸いです。 

創作

■ 山田摩耶 「憑依」
 【あなたには世界がどう見える?――学園青春小説】
 妙な発明ばかりしてエジソンと渾名される同級生、江地村ヒカリが今回発明したのは、他人の身体へ一定時間、使用者の意識を憑依させてしまう装置だった。さて、彼女から装置を預かった主人公、霧中相馬がとった行動は――。
試し読みはこちらtwitter
過去の掲載作: 「ずれ」 こ・めでぃうむ20151123号
「繋がり」 こ・めでぃうむ20161123号

■ 根倉野蜜柑 「天の露より遠く離れて」
 【黒人奴隷 vs. 白人農主――異邦の囲碁ミステリ】
 逃げる奴隷、怒る農主、追う狩人。逃走劇の鍵を握るのは、なぜか逃走現場に撒かれた碁石。誰が、なぜ、どうやって撒いたのか。そして逃亡の行方は。新大陸の綿花畑を舞台に繰り広げられる黒と白の攻防。
試し読みはこちらtwitterblog
過去の掲載作: 「古柳三徹と輝く屍体」 こ・めでぃうむ20151123号
「煙の樹より灰降り積る」 こ・めでぃうむ20161123号

■ オー・ハリー・ツムラ 「最終第六感計画 -革命的cinema同盟- 」
 ――原案:安藤ヤスミ・タエコ
 【映画語りと薀蓄パロディに溢れたドタバタ・サイコ・スリラー!】
 ホラー映画の文法に則って遂行される、連続ホラー映画見立て殺人! ただしこの世界では犯人も被害者も探偵役も、誰もがひとつずつ、なんらかの映画に基づいた「能力」を持っていた。友人を殺された少女たちは、果たしてホラー映画のお約束を回避しきれるのか? 恒例の映画カルトクイズ付き。
試し読みはこちらtwitter
過去の掲載作: 「ガールズ&キネマーズ」 こ・めでぃうむ20161123号

翻訳

■ ホレス・ウォルポール 「サイコロ箱」、「桃入りブランデー」
 ――『象形文字譚』より 訳:平戸懐古
 【ゴシック小説の始祖による幻想掌篇2作】
 Horace Walpole の Hieroglyphic Tales (1785) より "The Dice-Box: A Fairy Tale" と "The Peach in Brandy: A Milesian Tale" の翻訳を掲載。
「サイコロ箱」試し読みはこちら「桃入りブランデー」試し読みはこちら
過去の掲載作: ホレス・ウォルポール「新説・千夜一夜物語」 こ・めでぃうむ20151123号
ホレス・ウォルポール 「王とその三人の娘」 こ・めでぃうむ20161123号

漫画

■ 春原竹人 「蜃気楼ヴィレッジ」
 【悪魔を殺し、魂をかけた契約を踏み倒せ】
 魂と引き換えに莫大な財を成した女は、悪魔との契約期間が残りわずかとなったとき、代価の支払いの拒絶を決意した。生き残るためには、契約した悪魔を殺すしかない。悪魔の殺害を依頼するため、彼女は「蜃気楼ヴィレッジ」を訪れる。
試し読みはこちらtwitterpixiv
過去の掲載作: 「ユニコーンレンタル」 こ・めでぃうむ20151123号
「デビルGIRL」 こ・めでぃうむ20161123号

 *

 今回も、参加者による小説や映画やゲームの寸評などを掲載するフリーペーパー「れうにおにうむ」を同梱する予定です。
 現段階ではFate Grand Order、ファンタジスタドールに関するエッセイの掲載が確定しております。こちらもご期待いただければと思います。

 サークルれうにおんはtwitterでも情報を発信しております。最新の情報はまずツイッターに載ることと思いますので、ぜひ併せてご覧ください。 (蜜柑)
 
11.12
Sat
11/12:表紙と試し読みを公開
10/25:ブース番号を公開
10/24:掲載作品を公開

 お待たせいたしました。2016年11月23日(水)に開催される第23回文学フリマ東京にて、サークル「れうにおん」(twitter:@reu2on)は小説中心の文芸雑誌『こ・めでぃうむ』のver.20161123を発行します。
 ブースは【C-28】と発表されました。webカタログはこちら

【表紙】

 さて、文学フリマ当日まで二週間をきり、表紙が出来ましたので公開させていただきます。ブースの目印にしていただければ幸いです。

hyoshi16mini.png

【掲載作品】

 今号の内容は以下の通りになります。各作品のリンクから冒頭の「試し読み」をすることができます。
 全篇読み切りなので、ひとつでも眼をひいた作品があれば、お手にとっていただけると幸いです。 

■山田摩耶 「繋がり」
 【屋上からペンが降る――学園青春小説】
 園芸部員の僕が裏庭で花壇に水やりをしていると、校舎の屋上からペンが降ってくる。麻痺した世界に抗うように、僕は落下する文房具の謎を追う。
 (試し読みはこちらtwitter

■波留吉久 「はんぶんこ」
 【いちばん近くていちばん遠い、入れ替わりTSF小説】
 幼い頃から僕のなかには、ふたり分の命を生きる記憶があった。互いに決して出逢うことはない、異色の入れ替わりTSF。
 (試し読みはこちらtwitterpixiv

■ふじさん 「小泉花陽と、二人がここにいる不思議。」
 【ラブライブ!×青春ミステリ『ラブリドル!』、七篇目は倒叙です】
 花陽の進退を巡って星空凛と西木野真姫が競い争う校内かくれんぼ。花陽が犯した「ずる」を見破り、勝利するのは果たしてどちらか?
 (試し読みはこちらtwitterblog

■蒼田ガイ 「ミラージュ 超異能大戦X」
【異能の男 vs. 巨大怪獣――暗黒伝奇アクション】
 ここは梅沼町、異能力者のひしめく街。突如現れた巨大な怪獣に、透明な手を操る青年はたったひとりで立ち向かう。
 (試し読みはこちらtwitter

■平戸懐古 「王とその三人の娘」
 【ゴシック小説の始祖ウォルポールの幻想掌篇、第二弾】
 Horace Walpole の Hieroglyphic Tales (1785) より "The King and His Three Daughters" の翻訳を掲載。
 (試し読みはこちら

■根倉野蜜柑 「煙の樹より灰降り積る」
 【樹に祈る一族の神話的終末を描く物語】
 父と母から私とお前の生まれたとき、祖父母は信仰していた樹を焼き払った。一族の滅亡の瀬戸際、私はすべてを購う救済を求めて彷徨する。
 (試し読みはこちらtwitterblog

■オー・ハリー・ツムラ 「ガールズ&キネマーズ」
【総数七〇問のカルトクイズを擁する青春映画喜劇】
 映画部で退学騒動が相次いだ結果、私はふたりの姉と映画カルトクイズ大会へ挑むことになってしまった! 映画への愛が人々を繋ぐ、青春コメディ。
 (試し読みはこちらtwitter

■春原竹人 「デビルGIRL」
 【ヘタレ悪魔、悪魔めいた女子高生を勧誘する――読切漫画】
 上司の悪魔にムチャ振りをされた悪魔グレゴリは、人間を悪魔化する新薬の治験を任され地上へ左遷されるが、被験者に選んだ人間は、自分以上に悪魔じみた性格の持ち主だった。
 (試し読みはこちらtwitterpixiv

 今回も、参加者による小説や映画やゲームの寸評などを掲載するフリーペーパー「れうにおにうむ」を同梱する予定です。こちらも期待していただければと思います。
 去年の第21回文学フリマで発行した「れうにおにうむ」20151123号はこちらで全文を読むことができます
「Metal Gear Solid 5 Phantom Pain 評0.1」、「入間人間『安達としまむら 5』(電撃文庫)レビュー」、「小椋アカネ『彼女になる日 2』(白泉社)レビュー」、「アメリカン・ゴシックとしてのM・ナイト・シャマラン『ヴィジット』」などが掲載されています。

 今年の五月に発行する予定でいたのですが、文学フリマへの出展の申し込みが間に合わなかったため、前回からちょうど一年後に、今号を発行する運びとなりました。そのぶん、寄稿者も増えて内容も充実し、お楽しみいただける雑誌になったかと思います。

 サークルれうにおんはtwitterでも情報を発信しております。最新の情報はまずツイッターに載ることと思いますので、ぜひ併せてご覧ください。 (蜜柑)
 
11.02
Mon
11/02:掲載作の試し読みを公開
10/18:表紙と掲載作の詳細を公開
10/05:掲載作品を公開

2015年11月23日(月)に開催される第21回文学フリマ東京にて、サークル「れうにおん」は雑誌『こ・めでぃうむ』のver.20151123を発行します。
文学フリマの公式ページによると、ブース番号は【C-36】に決定したということです。
ウェブカタログの項目はこちらから
表紙のデザイン、掲載作品は以下のように決まっております。それぞれの作品について、冒頭の「試し読み」ができます。また、それぞれのSNSから作者の既発表作品を読むこともできます。参考にどうぞ。

【表紙】

comediumtitle02

【掲載作品】

■根倉野蜜柑 「古柳三徹と輝く屍体」
 【「第11回ミステリーズ!新人賞」落選作品】
 18世紀末、北米の寒村。絞首刑に処された屍体から片手が持ち去られ、呪物〈栄光の手〉が作られたと噂が広まる。
 (試し読みはこちらtwitterblog

■波留吉久 「ウルトラマリン」
 【音楽から生まれたTSF小説】
 群青色を、説明できますか? 海辺の田舎町に建つ施設で、急性異性化症候群の患者と交わした言葉の記憶。
 (試し読みはこちらtwitterpixiv

■平戸懐古 「新説・千夜一夜物語」
 【ゴシック小説の始祖ウォルポールの幻想掌篇翻訳】
 Horace Walpole の Hieroglyphic Tales (1785) より "A New Arabian Night’s Entertainment" の翻訳を掲載。
 (試し読みはこちら

■山田摩耶 「ず れ」
 【残業三時間の合間を縫って書かれた青春小説】
 絶えず周囲とのずれを感じ続けてきた僕は、正解も間違いも存在しない、自由な音楽の世界に遭遇する。
 (試し読みはこちらtwitter

■春原竹人 「ユニコーンレンタル」
 【「窓ハルカ漫画大賞」落選作品】
 誕生日プレゼントをせがむ娘が両親に見せたパソコンには、「幻獣レンタル」というサービスが表示されていた。
 (試し読みはこちらtwitterpixiv

■ふじさん 「南ことりと、幼年期の終り。」
 【ラブライブ!×推理小説、『ラブリドル!』新章】
 なぜ、メロンパンはひとつだけ余ってしまったのか? ……南ことりが、己の心と戦いながら謎を解く。
 (試し読みはこちらtwitterblog

全篇読み切りなので、ひとつでも眼をひいた作品があれば、お手にとっていただけると幸いです。

また、『こ・めでぃうむ』は今号にて創刊となる同人誌ですが、来年五月には第二号を企画しております。どんな内容になるのかまったく未定ですが、ぜひ動向を追っていただければと思います。 (蜜柑)
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。